環境開発事業部 優良産廃処理業者

  1. HOME
  2. 業務案内 事業部一覧
  3. 環境開発事業部
  4. 環境開発事業部 優良産廃処理業者

優良産廃処理業者認定制度に係る公表事項

氏名または名称

田中石灰工業株式会社

業者番号

 014888

公表事項更新履歴

更新履歴
更新日 前回更新日 更新内容
平成29年6月7日 平成29年5月27日 許可一覧
平成29年6月7日 平成29年5月1日 役員等の氏名、就任年月日
平成29年6月7日 平成28年3月14日 処理施設の概要
平成29年6月7日 平成26年7月26日 処理工程フロー図
平成29年5月27日 平成26年5月25日 処理重量フロー図、直前3年間産業廃棄物受入・運搬・処分量
平成29年5月6日 平成29年5月28日 組織図更新
平成29年5月1日 平成28年6月7日 事業の内容
平成29年5月1日 平成28年9月28日 運搬施設の種類数量、低公害車導入状況
平成28年7月30日 平成27年7月30日 財務諸表
過去の更新履歴

詳細(クリックで表示)

会社情報

住所(法人の場合は事務所・事業場の所在地)

高知県南国市稲生3185番地

代表者氏名(法人の場合)

田中 克也

役員等の氏名、就任年月日(法人の場合)

代表取締役社長 

取締役副社長 

取締役

取締役

取締役

監 査 役
 

田中 克也   平成24年6月28日 

濵口 健次   平成24年6月28日 

田中 嘉子   平成29年6月30日

川原 秀人   平成29年6月30日

岩山 宏    平成29年6月30日

吉住 志保   平成23年6月29日
(平成29年7月1日現在)

設立年月日(法人の場合)

明治27年(西暦1894年)

資本金・出資金の額(法人の場合)

2000万円

事業の内容 [営業品目]
・一般廃棄物及び産業廃棄物の収集・運搬・中間処理
・容器包装プラスチックのマテリアルリサイクル事業


[会社履歴]
平成27年
  • 旭川プラスチック再生センター第2工場稼働
  • 田中オリビン礦業(株) 総業50周年を迎える
平成26年
  • 田中石灰工業株式会社 いの事業所を開所
  • 高知県より優良産業廃棄物事業者の認定を受ける
  • 環境開発事業部が業界団体とアースデイに参加、プラスチックリサイクルのPRを行う
  • 日高鉱山採掘跡地において、「日高北発電所」「日高南発電所」の稼働を開始し、太陽光発電事業に参入する
  • 関連会社の秦泉寺運送(株)が高知県内で初めてISO39001(道路交通安全管理システム)を取得、運用を開始する
  • 高知プラスチック再生センターにおける小学校他の見学者が3000人を越える
  • 創立120周年記念事業委員会発足
平成25年
  • ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金公募において、「光学式選別機導入による高品位再生ペレットの製造と低コスト操業」計画が採択される
  • BCP策定
平成24年
  • 秦泉寺運送にて微量PCB収集・運搬事業開始
  • 高知中間処理センター大幅刷新工事実施
  • 円行寺の建設汚泥再資源化設備増強工事実施
  • 国宝姫路城「平成の大改修」において弊社製「土佐塩焼石灰」が採用決定、出荷開始
  • 中国安徽省の「安徽宏日砿業有限公司」へ出資、ドロマイト鉱山の開発へ進出
平成23年
  • 高齢・障害者雇用支援機構より「障害者雇用優良事業所」として理事長表彰受賞
  • 高知プラスチック再生センターにおける小学校の見学者受入2000人を超える
平成22年
  • 旭川において、プラスチックの材料リサイクル事業開始
  • 高知プラスチック再生センター及び旭川プラスチック再生センターにてでISO9001並びにエコアクション21取得
  • 大坂山砿山 終山
平成21年
  • 高知県・セメントメーカーと三者で、「ダイオキシン有機系汚染土壌のセメント原料化方法」の共同特許取得
  • 日本環境安全事業株式会社(JESCO)様より、高濃度PCB収集運搬の認定登録取得(認定番号: 北九-015)
  • 秦泉寺運送にて高濃度PCB収集・運搬事業開始
  • 高知県・(社)高知県雇用開発協会主催の高齢者・障害者雇用支援フェスタにおいて県知事より表彰される
平成20年
  • 旭川に「旭川プラスチック再生センター」新設
平成19年
  • 田中石灰工業株式会社近畿営業所を開設
平成18年
  • プラスチックの材料リサイクル事業開始
  • アスベスト撤去(TSシステム)事業をフランチャイズ化
  • 全国代理店を組織し21環境保全推進協議会を立ち上げる
平成17年
  • 廃コンクリートを利用した再生砕石で高知県リサイクル製品認定を取得
  • 高知市仁井田に「高知プラスチック再生センター」完成
平成16年
  • ダイオキシン汚染焼却炉の解体方法で特許取得、安全性優良事業所認定証を受証
  • 田中オリビン礦業大坂山礦業所が資源エネルギー庁長官より優良事業所表彰
平成15年
  • 建設汚泥を再生骨材にリサイクルする手法とその再生製品で特許取得
  • 田中石灰工業株式会社再生事業部でISO14001取得
  • 同建設事業部でISO9001取得
  • 秦泉寺運送株式会社でISO9001取得
平成14年
  • 環境ソリューション事業部を組織横断的に設置
平成13年
  • 本社事務所・倉庫の大幅改修
  • 高知エコセンターに建設汚泥再資源化(改質固化)施設設置
  • ダイオキシン汚染土壌の処理開始
平成12年
  • 弊社社長が高知県県勢功労賞を受賞
  • 高知中間処理センターにプラスチック圧縮減容施設設置
  • 大坂山礦業所に蛇紋岩塊鉱増産プラント設置
平成11年
  • 大坂山礦業所に新工場設置、年産100万t体制に
  • 大坂山礦業所に自家発電設備設置
平成10年
  • 各自治体より焼却灰の収集・運搬・委託処分を開始
  • 高知中間処理センターに粗大ゴミ処理施設増設
  • 円行寺に建設汚泥天日乾燥施設を設置し、建設関連中間処理事業の中核組織として「高知エコセンター」を設置
  • 石灰系無機質壁材「タナクリーム」が高知県地場産大賞・産業賞を受賞
  • 大坂山礦業所に新事務所設置
  • 誠栄不動産(株)をエコ・ネット(エコロジー・ネットワーク)(株)に組織変更し、環境事業の機動性を高める
平成9年
  • 新たに「焼却・減容・圧縮・破砕」の許可を得、南国市稲生に「高知中間処理センター」を設置
  • フロンガスの回収開始。産業廃棄物中間処理の変更許可認可
  • 高知県内自治体様製造RDFの委託管理・運送業務を開始 ビン・ガラス再商品化事業開始
平成8年
  • 資本金2,000万円に増資
  • 各自治体の粗大ゴミ処分を開始
平成7年
  • 各自治体より廃蛍光管・廃乾電池の収集・運搬・委託処分を開始
  • 不要鉛蓄電池(バッテリー)の収集運搬開始
平成6年
  • 創業100周年を迎える
  • 建設省より「吹付けアスベスト粉塵飛散防止処理技術」につき「技術審査証明」を受ける
  • 厚生省の外郭団体である「クリーンジャパンセンター」の行う、 再資源化貢献企業表彰「会長賞」受賞
平成5年
  • 他自治体の一般廃棄物の収集・運搬・処分を開始
平成4年
  • 関連会社の三里生コンクリート工業(株)社屋落成及びJIS取得
  • 土佐しっくい本造り「純ねり」「純黒」で高知県地場産業奨励賞受賞
平成2年
  • 高知県第1号の建設副産物中間処理業者として許可を受け、高知市円行寺に建設副産物
  • 生化プラント「高知コンクリート再生センター」を設置
平成元年
  • 南国市一般廃棄物(金属類)収集・運搬・処分業者として指定され、南国市稲生に中間処理工場設置
  • 伊藤忠商事(株)関連の「ECGアスベスト撤去施工協力会」に加入、アスベ スト撤去事業に進出
  • 誠栄不動産(株)を設立。 宅地建物取引業法の許可を受け不動産業に進出
昭和62年
  • 産業廃棄物の収集・運搬の高知県知事許可を受ける
昭和60年
  • 創業90周年に伴い稲生石灰工場に最新鋭設備導入
  • 高岡郡日高村にて蛇紋岩鉱山取得(日高鉱山)
昭和58年
  • 新商品開発のため、開発室を新設し研究陣の充実を計る
昭和54年
  • 資本金1,800万円に増資
昭和51年
  • 蓮台鉱山開山
昭和50年
  • 化成品事業部を新設し特殊塗料の製造販売を開始
  • 営業本部を高知市五台山3983番地に移転
昭和47年
  • 南国市の一般廃棄物処理業者として指定される
昭和45年
  • 大坂山砿業所開設。大坂山鉱山開発
昭和43年
  • 円行寺砿業所開設。鷹ノ巣鉱山開発
昭和42年
  • ドロマイト鉱山を開発し苦土肥料の製造販売を開始
昭和38年
  • 各自治体より焼却灰の収集・運搬・委託処分を開始
昭和29年
  • 蛇紋岩の開発・利用を目的として研究を開始
昭和27年
  • JIS工場表示許可(JIS R 9001 番号1346)
昭和25年
  • 法人に改組、田中石灰工業株式会社と称し、 本社所在地を南国市稲生3185番地とした。資本金450万円
昭和4年
  • 第四回高知県工業展覧会で弊社土佐灰が有功賞
昭和3年
  • 朝鮮京城(当時)景福宮の建築材料として、土佐灰18000余俵納入
昭和2年
  • 第三回高知県工業展覧会/第四回高知県工業展覧会で弊社土佐灰が有功賞
大正13年
  • 東宮殿下御成婚奉祝万国博覧会参加五十年記念博覧会で弊社土佐灰が賞状
大正6年
  • 石灰の機械式消化設備を新設、量産を開始
大正5年
  • 高知県長岡郡物産品評会で弊社土佐灰が一等賞
大正4年
  • 初代組合長 宇田友四郎のもとで土佐石灰業組合認可さる。その後第四代・第六代組合長を弊社社長・田中寅次が務める
明治43年
  • 南国市稲生に石灰焼成竃を建造
  • 第三回全国特産品博覧会で弊社土佐灰が褒状
明治36年
  • 第五回日本国勧業博覧会で弊社土佐灰が褒状
明治27年
  • 高知市五台山東孕にて石灰焼成竃を建造
  • 「田中商店」として創業

許可の内容

事業計画の概要
[事業計画の概要]
1.産業廃棄物収集運搬業(積替え・保管を含む)
排出事業者から委託を受け、自社の中間処理施設に搬入し、また
、自社で積替保管・直接運搬し他社の処分場(中間処理施設・最終
処理施設)へ搬入する。
一部産業廃棄物については、自社の積替保管施設へ搬入し、処分
業者が引取りに来る。
【収集運搬】
≪産業廃棄物≫
*許可取得自治体
4県、1道、1政令市
 
*種類
取扱う産業廃棄物の種類は、自治体により異なります。
詳細は各自治体の許可証をご確認下さい。
 
*その他
高知市に積み替え保管施設を保有しています。
 
≪特別管理産業廃棄物≫
*許可取得自治体
1県
 
*種類
取扱う産業廃棄物の種類は、自治体により異なります。
詳細は各自治体の許可証をご確認下さい。
 
*その他
 
【処分】
排出事業者から委託を受け、排出事業者、他社収集運搬業者又は
自社が搬入した産業廃棄物の中間処理を行う。
 
【環境保全措置内容】
○収集運搬
廃棄物の飛散及び流出の防止措置、悪臭対策として必要に
応じてパッカー車を使用。また必要に応じてシート掛け、
ロープ掛け等の措置を講じます。
 
○処理施設
関係法令や自主基準に則って、悪臭や騒音には十分配慮し、
定期的に測定を実施します。

 

業許可証の写し

詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(収集運搬業者)

運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(文字表記)

○自社保有車両(計 34台)
10t ユニック
8t  ダンプ
8t  アームロール
6t  アームロール
3t  ユニック
3t  ダンプ
3t  パッカー
2t  パッカー
2t  ダンプ
キャブオーバー
バン

 
  1台
  1台
  1台

  1台
  1台
  2台
  1台
10台
12台
  3台
  1台

①産業廃棄物収集運搬業の用に供する運搬車に係る低公害車導入状況
 
保有台数
 
平成17年度基準50%適合車
平成17年度基準Nox+PM10%適合 重量車
平成21年度排ガス規制適合車
平成22年度排ガス規制適合車
平成5年~16年の規制適合車
使用車種規制(Nox+PM)適合
 
 
34台
 
1台 (3%)
2台 (6%)
1台 (3%)
6台(18%)
20台 (59%)
4台 (12%)

②産業廃棄物収集運搬業の用に供する運搬車に係る低燃費車の導入状況
 
保有台数

平成22年度燃費基準達成車

平成27年度燃費基準達成車
 

 

 

34台 

1台(3%)

12台 (35%)


(平成29年6月6日現在) 

運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況(画像添付)

詳細(クリックで表示)

積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(文字表記)

積替保管場所(1):高知県円行寺字タカノス1761番
品目:
(産廃)廃プラスチック(石綿含有産業廃棄物を含む)、ゴムくず
金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず
(石綿含有産業廃棄物を含む)、がれき類(石綿含有産業廃棄物を含む)
燃え殻、紙くず、繊維くず、鉱さい
以上10品目
面積:210㎡(1963㎡のうち)
保管の上限:67.5㎡
積上げの高さ:1.5m(屋外で容器を用いない保管に限る)
積上げの高さ:0.9m(屋外で容器を用いる保管に限る)
積替保管場所(2):高知市一宮字大坂4786番12

品目:
(産廃)廃プラスチック(石綿含有産業廃棄物を含む)、ゴムくず
金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず
(石綿含有産業廃棄物を含む)、がれき類(石綿含有産業廃棄物を含む)
燃え殻、紙くず、繊維くず、鉱さい
以上10品目
面積:166㎡(2314㎡のうち)
保管の上限:44.8㎡
積上げの高さ:1.35m(屋外で容器を用いない保管に限る)
積上げの高さ:0.9m(屋外で容器を用いる保管に限る)

 
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量(画像添付)
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(文字表記)
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量(画像添付)

詳細(クリックで表示)

施設および処理の状況(処分業者)

処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(文字表記)

別紙業許可証の写し参照

処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(画像添付)

詳細(クリックで表示)

処理施設の設置許可証の写し
事業場ごとの産業廃棄物の処理工程図

詳細(クリックで表示)

産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(文字表記)
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(画像添付)

詳細(クリックで表示)

直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(文字表記)
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(画像添付)

詳細(クリックで表示)

直前3年間の処理施設の維持管理の状況(文字表記)

該当しない

 
直前3年間の処理施設の維持管理の状況(画像添付)
直前3年間の熱回収量等

財務諸表

貸借対照表・損益計算書(直前3期)

詳細(クリックで表示)

株主資本変動計算書(直前3期)

詳細(クリックで表示)

個別注記表(直前3期)

詳細(クリックで表示)

料金

料金の提示方法

収集運搬費及び処分費につきましては、見積書による。当社営業係(電話番号:088-882-1175)までご相談下さい。無料にて御見積いたします。

料金表、料金算定式(文字表記)
料金表、料金算定式(画像添付)

社内組織体制

社内組織図

詳細(クリックで表示)

人員配置、職務分掌

[職務分掌]
上記、「社内組織図」を参照下さい。

事業の公開

事業場の公開の有無、頻度

当社では、申し込みに応じて随時事業場の公開をしています。

自由記載(任意)

その他特記事項
自社ホームページURL

http://www.tanakasekkai.jp

田中石灰工業株式会社

本社(稲生石灰工場)
〒783-0084 高知県南国市稲生3185番地
TEL:088-865-2151 / FAX:088-865-2153

本店営業部
〒781-8125 高知市五台山3983番地
TEL:088-882-1158 / FAX:088-882-8292

本店営業部社屋

メニュー

close

close